レンタルサーバーにはどんなものがあるか

レンタルサーバーを利用したいと思う時、ランキングなどを見て人気のレンタルサーバーを利用するという方法があります。

ただ、ランキングによって比較検討する場合も選定の際に比較の基準をしっかり明確にしておくという事が大切です。

様々な種類、サービスがあるレンタルサーバーを理解し、比較検討を行っていきましょう。

個人でサーバーを構築するとなると、ネットワークやWEBコンテンツ、WEBアプリなどの準備を行う必要があります。

この必要な物の準備についてもサービスの一環として行っているところがありますので相談してみるといいでしょう。

共用サーバーは、1台のマシンで複数の顧客を収容するという方法になります。

この場合価格はリーズナブルで、安いところになると月100円程度から利用できるところもあります。

ただ複数の顧客でサーバーを利用するという方法になるため、条件や使用制限などが出てきます。

専用サーバーroot無の場合、サーバー1台に顧客1人なので、メモリもCPUも占有できるというメリットがあります。

共用サーバーとは違い複数で利用するというものではないので、例えば共用サーバー利用の顧客のCI暴走という事があっても、影響を受けるという事がなく利用がスムーズです。

ただ費用かかなり高くなるというデメリットがあります。

専用サーバーrootありの場合、ほとんどroot無のサーバーと同じなのですが、サーバーミドルウエア層まで変更が可能となるので、顧客の要件に沿ってプログラムの入れ替えなどが可能となり、より自由度が高いサーバーと言えます。

こちらも1ユーザーにつき1台のサーバーという事になりますので、価格は高いです。

関連サイト:http://thinkit.co.jp/story/2013/10/15/4630